脱毛をロックオン!すべては目標設定で結果が変わる!

My WordPress Blog

脱毛の効果を早める方法とは

わたしは脱毛の効果というのは、自分の日々の成果も影響していると思います。

普通に脱毛に通っているだけでももちろん効果というのは実感できますし、回数を重ねていけばよりどんどん毛が薄くなってきたり、毛穴が小さくなって肌の色が白くなってきたりと変化もみられると思います。

ただ私は脱毛後の保湿と、日々の自己処理が脱毛の効果を変えると思っていて、体をしっかりと乾燥から防いであげて保湿をしてあげること。そして自己処理については私はシェーバーをお勧めしたいです。保湿については脱毛サロンなどで販売されているものでも良し、市販でもいいと思うのですが、しっかりと肌を休めてあげることが大事です。

自己処理についてもカミソリなどで自己処理をしている人も多いかとは思うのですが、カミソリで自己処理をしてしまうと肌まで傷つけてしまい自然と肌トラブルに発展しやすく、私はお勧めはできないです。

毛抜きも同じなのですが、毛抜きで毛の処理を続けていると毛穴が開いてしまうので後々余計肌が汚く見えてしまったりというトラブルがあるので私は一番シェーバーをお勧めします。

シェーバーであればサッと剃ってあげるだけで綺麗になりますし、何よりも肌を傷つける心配がないので凄く良いです。シェーバーを使った後はしっかりと保湿をしてあげてください。

わたしは脱毛に通い始めてからも、シェーバーで自己処理をしていたのですが、回数を重ねていくうちにどんどん自己処理の回数が減ってきているのを実感できました。

最初のほうは毛は抜けるものの普通に毛が生えてきてしまうので、3日に1回くらいのペースで剃っていたのですが、脱毛5回を過ぎてからは毛の状態も細くなり頻繁に自己処理をする必要が無くなっていきました。

5回を過ぎてからは私は週に1回くらいサッと剃る適度になりました。

その後も回数を重ねていき、12回を過ぎて私は自己処理が不要になりました。ほとんど毛が生えてくることもなくなりましたし、常に綺麗な状態を保つことができています。

シェーバーを使うようになってから肌を痛めることや、乾燥を実感することも圧倒的に減りましたし、脱毛の効果自体も早くなったのではないかなと感じております。肌自体も綺麗になって毛穴も目立たなくなり美肌になったなと感じております。

脱毛に回数を重ねて通っていけば効果を実感することはできますが、日々の生活を変えることによってもっと即効性が出るのではないかと私は思います。

【おでこを脱毛して不自然】生え際に産毛がほしいなら自毛植毛しかない!

敏感肌でも脱毛の施術を受けることは可能です。

ムダ毛の脱毛をする場合、自宅でクリームやカミソリなどを用いて行う方法と医療機関や脱毛サロンで施術を受けるという方法の2つがあります。

お肌が敏感である場合、医療機関や脱毛サロンの施術ではお肌に刺激が強そうな方法で脱毛をすると思われがちであることから、自宅での脱毛の方が安全だと思って選ぶことが多い傾向にあります。

しかし自宅で行う脱毛であっても、使用するクリームやカミソリの使い方によってはかえってお肌をひどく傷めてしまうことがあります。

一方お肌に刺激が強そうな医療機関や脱毛サロンの施術は、やり方次第でお肌に大きなトラブルなく行うことが可能です。敏感肌の人が脱毛の施術で大きなトラブルを起こさないためには、何よりも事前のカウンセリングが重要になってきます。

ほとんどの医療機関や脱毛サロンでは体験脱毛や契約を行う前に無料でカウンセリングを行うことから、その場で敏感肌に対してどのように脱毛を行うのか、またお肌にトラブルが起きた時の対処について思うことは何でも尋ねるべきです。

実際に敏感肌で脱毛の施術を受けている人は多く、スタッフもその経験が豊富であることから敏感肌向けの施術方法やトラブルが起きた際の対処などきちんと説明を受けられるはずです。

もしカウンセリングでスタッフからの説明が不十分だと感じた場合には、体験脱毛や契約をすることなくやめてしまっても問題はありません。

ほとんどの医療機関や脱毛サロンでは顧客に対しては誠心誠意の対応をしていますが、中には具体的な説明がなかったりこちらの質問にあいまいな答えをするなど不十分な対応をするところもあり、断り切れないからといってそのまま施術を受けてしまうと後で取り返しがつかなくなるほど皮膚が荒れてしまうことも考えられることから、自分が納得できる説明を受けられたところで施術を受けるべきです。

敏感肌向けの脱毛の施術は使用する機器や薬品をお肌に用いても大丈夫かどうかを念入りに試したり、あるいはお肌の状態をよりきちんとチェックして少しでもスタッフが異変に気付いたら施術を中止したり医療機関の受診を勧めたりして対処を行ってもらえます。

また敏感肌向けの施術を行ってもお肌に刺激を感じてこれ以上継続することが不可能であると判断された場合には、契約時に支払った料金の一部を返金してくれるところもあるため、カウンセリングを依頼する前に敏感肌でも安心して施術が受けられそうなところを探すことが重要になってくるのです。

セルフ脱毛ってどうなの?

脱毛したいけど他人に見られるのは恥ずかしい、男性だしサロンに行くのはちょっと…など、脱毛をしたいけど躊躇してしまう方のためにセフル脱毛についてご紹介します!

⒈セルフ脱毛のメリットデメリットは?

自宅で脱毛するのならサロンなどに行くより金銭的に比較的安く済みます。そして誰かに見られる恥ずかしさもないので気兼ねなく出来ますねもちろん、予約をして日時を合わせる必要もありませんし忙しい方にはうってつけです。

ですが背中やVIOラインなど自分で見えにくい場所はやりずらいという難点も…そしてなにより、しっかり脱毛出来るのかわからないという不安もあります。

⒉どんな種類があるの?

セルフでの脱毛にはいくつか種類があります。

・光脱毛

現在ではセルフ脱毛の中でもっともメジャーといえるでしょう光脱毛器は美容整形外科などで使用する医療用脱毛器と大差ありません

有名なものだとケノンなどですね。ケノンだと8万円くらいかかってしまいますが医療用脱毛器と大差がないことを考えると通うよりメリットを感じる方も多いかもしれません

・レーザー脱毛

自宅で簡単に永久脱毛効果を得られるとしてこちらも人気です

クリニックや皮膚科など、病院で主に扱われる脱毛器の種類です。レーザー脱毛器は日本人の肌に合わせた出力での脱毛ですが光脱毛よりも痛みを感じるというデメリットかあります

・ブラジリアンワックス

こちらはミツロウという成分などを混ぜたワックスを塗り、専用の紙をくっつけ一気に剥がします。ガムテープを剥がすのとは違うほどかなり痛みが伴うよですが痛みに強い人や、慣れてしまえば大丈夫という声も…

少し勇気のいる強引なやり方ですが無駄なく脱毛出来るという点では楽チンかもしれません

・クリーム、スプレー、ジェル

肌に直接塗りつけ少し時間を置いてから洗い流す方法です

痛みもなく剃るより綺麗で無駄なく脱毛出来るのでブラジリアンワックスより手軽ですね

ただし抜くのではなく薬剤で毛を溶かすので焦げ付いたようなにおいがしたりする場合もあるそうです

塗り残しや一定時間待たなければいけないというデメリットがありますね

3.まとめ

このように現在は色々な脱毛方法があります

ただし、セルフ脱毛をするということは手入れも自分でしなければならないので、場合によっては肌が荒れたり傷ついたりなんてことも有り得ます

せっかく綺麗に脱毛したのに肌が汚くなってしまった!なんてことは避けたいですよね。なのでセルフでの脱毛後は正しい処置を行い素敵な脱毛ライフを送りましょう

美肌を手に入れられる脱毛

多くの女性は、つるつるですべすべした肌でいたいと思い、美意識の高い女性であれば毎日丁寧なスキンケアを行なっている人もいます。

とはいえ、毛深くムダ毛が目立つなどといったコンプレックスで悩み、自分でムダ毛処理を行なった経験のある方がほとんどでしょう。

ムダ毛の処理として、カミソリや毛抜き、除毛クリームなどを用いた自己処理は、お金もかけずに手軽に行なえる手段ですが、デリケートな肌にはカミソリ負けや肌の乾燥などといったトラブルはつき物です。

そのため、処理後に保湿クリームをたっぷりと塗ることで肌への負担をかけずに処理ができますが、すぐに新しい毛が生えてきて、手間がかなりかかります。

女性なら誰しもが憧れるムダ毛のない美しい肌を手にいれるには、ダメージの大きい自己処理よりも、脱毛サロンや美容クリニックなどのプロの手に任せるのが最適です。

特に、自分では手が届かない背中やデリケートゾーンもプロに任せれば、綺麗に脱毛ができます。

全身脱毛の場合は、最短でも1年から1年半くらいの時間はかかってしまいますが、繰り返し脱毛を行なうことで自己処理することなく、だんだんと薄くなり脱毛の効果を実感でき、脱毛施術後のアフターケアもしっかりとしてくれるので、同時に気になる肌もつるつるになるというわけです。

脱毛方法には、ニードル脱毛や医療用レーザー脱毛、フラッシュ脱毛の方法があり、ニードル脱毛は10年ほど前までは脱毛方法の主流でしたが、一本一本の毛に鍼を刺して根元から抜く方法でその効果は絶大ですが、かなりの痛みがあり費用や時間がかかることから、現在ではほとんど使われていません。

医療用レーザー脱毛は、皮膚科や病院など医師免許を持つ医師がいる医療機関でのみ行なわれるもので、従来ほくろやあざの除去治療に用いていた医療用レーザーの特定の色に反応するという特性を利用し、脱毛用に開発された機器を使う方法です。

出力の高いレーザーを照射することで、毛のメラニンの黒い色に反応させ、毛乳頭とその周辺の組織をヤケド状態にして破壊するため、毛の再生を抑制し永久脱毛と呼べる脱毛が実現します。

一方でフラッシュ脱毛は、多くの脱毛サロンやエステサロンで使われていて、同じレーザーの照射となりますが出力のパワーを抑えているため、医療用レーザーと同様の効果を得るには、かなりの照射回数が必要となりますが、痛みが少ないのが嬉しいポイントです。

いずれも脱毛が完了したからとはいえ、一生2度と毛が生えてこないというわけではなく、フラッシュ脱毛では、時間の経過とともに毛がまた再生され照射を繰り返すことになり、脱毛効果の持続性がより優れているのが医療用レーザーといえます。

医療機関での脱毛の際には、施術料金のほかに初診料が必要となりますが、サロンなどでは無料のカウンセリングや期間限定のキャンペーンを実施しているので、それらを利用すれば比較的リーズナブルに脱毛ができるので、コストパフォーマンスに重視する場合にはサロンがおススメです。